Please enable JavaScript to view the comments powered by Disqus.

ツインソウルでいこう

プロフィール

【名前】天星(テンセイ)
【性別】男性
【年代】アラフィフ


スピリチュアル年表


30代半ば頃
占いに興味を持つ。
「自分とは一体何なのか?」ということが知りたくて占いに答えを求めた時期。生きづらさを感じていたのもあったと思う。
占いは西洋占星術から始まり、タロット、四柱推命、紫微斗数、手相などを書籍やセミナー等で学ぶ。ただ、占い師になろうと思ったことはないので趣味程度の知識しか持ち合わせていない。飲み会などで占いをした経験あり(意外と喜んでもらえた)。

スピリチュアルな元カノと出会う。この元カノのおかげでスピリチュアルな世界への認識が深まった。元カノは「他人のオーラが見える」女性でした。
ちなみに僕の母方の先祖には占い師がいます。親族には日常的に「(先祖からの?)声」が聞こえる者もいるし「霊が見える」者もいます。なので、スピリチュアルな世界への認識は自然の流れだったのかなぁと思います。
心理ゼミナール基礎カウンセリングコース修了。


40代前半
母親他界。約4年ほど、母親の介護&看護をしていた。
母の他界後、シンクロニシティをちょくちょく経験するようになった。


40代半ば〜
ツインソウルと出会う。愛犬の他界から約2週間後に出会った。愛犬の他界直後から不思議体験が増え始めた。
ある占い師さんが「大切な人やペットを亡くすと一時的に霊感が高まることがある」と話されていました。

僕の場合も一時的に霊感が高まったことによって不思議体験が増えたのではないかと思います。
不思議体験は主に頭の中に映像、画像、声、音、光といったもので現れた。
ツインソウルと出会ってから半年間くらい、不思議体験が雪崩のごとく押し寄せてきた。「チャクラが開いていた」といった感じですね^^



波動について

僕自身、人の波動を感じることが多少あります。
良い波動もあれば悪い波動も感じます。

また、人からよく言われることが2つあります。
ひとつは「癒し系だよね」です。もうひとつは「人をよく見てるよね」です。

1つ目の「癒し系だよね」についてはいろんな人に言われました。
何人かの占い師さんにも言われたことがあります。僕自身も何となく、「そうなのかも・・・」とも思ってます。

2つ目の「人をよく見てるよね」というのは30代に入ってから言われるようになりました。リアルな部分では相手の些細な表情や仕草、雰囲気などを感じ取る、といった感じですね。

また、すべての人の波動がわかるというわけではないですよ。
波動の種類や波の大小は刻々と変化しますしね^^



僕にとってのスピリチュアルとは?

僕は霊視やチャネリングなどが出来ないので未来はまったくわかりません。
さらに霊感もツインソウルに出会う直前から半年くらいの間だけ、メッセージを画像、映像、光、波動などで受け取ったくらいです(なので、今は霊感が落ち着いてます)。


スピリチュアルな世界に興味があり、その世界も大事だと思っています。
それと同じくらい現実世界の出来事も大事だと・・・。
なので、スピリチュアルな世界もあわせて、この現実世界で起こる悩みや不安を軽くしていけたらなぁ、と思っています。
「カルマの昇華(解消)」という点からみても大事なことなのかなぁとも・・・^^

そのため、このサイトにはスピリチュアルな内容とあわせて3次元の現実(リアルな)世界でツインソウルとの悩みや不安をどうやって軽くしていけるか?ということにも焦点を当てて書いてます。


いまではツインソウルやソウルメイトに関するいろんな情報がたくさんあって楽しいですね♪ちなみに僕の考えは実体験から感じたことがベースとなっています。

そのせいか「スピリチュアルな世界はこうだから現実世界はこうだろう」という発想もしますが「現実世界はこうだからスピリチュアルな世界はこうなのでは?」という発想もします。

そのため、世間のツインソウルやソウルメイトに関する認識と異なる場合がありますが、そこは「ご愛嬌」ということでお願いします^^

スピリチュアル01



※以前「私」という呼称を使ったとき、女性に間違われたので「僕」を使うことにしました。「俺」だとちょっと印象が違うので・・・。


更新日:2016年5月24日



Sponsored Link


 


スマホ、タブレット対応サイトです。

記事、イラスト等の無断転載・複製は禁止です。


ページトップへ